iDeCo(イデコ)で税金を節税してもうけましょう! 取得税 住民税など 減税!

Pocket

株の転売って 物品を仕入れて売るのと違って
 
マイナーな株でなければ
 
すぐ換金可能です
 
株っておもしろいんですよね(‘◇’)ゞ
 
 
 
銀行に預けていても お金は増えませんし
 
毎月 給料明細をみて 手取りの金額から 今月いくら貯蓄できるかを見ていると
 
税金ってすごい高いですよね
 
ほんと高い
 
 
iDeCo(イデコ)を使えば 所得税や住民税を軽減できます。
 

iDeCo(イデコ)とは??

個人型確定拠出年金(iDeCoイデコ)とは、国民年金や厚生年金などの公的年金に上乗せされる、老後資金づくりを目的とする年金です
 
参加者が掛金を出して、自ら金融アイテムをチョイスしてで運用を行い、積み立てた財産は60歳以降に一括または分割で受け取ります。
 
また、自らが行う運用の成績によって、将来受け取る金額が変わってきます。
 
収入が多く 税金をたくさん払っている人は対策として有効な制度です
 
掛け金は取得税・住民税の対象から外し
 
売買収益も非課税になります
 
 
 
とはいっても、部分、iDeCoが使用できないケースもあります。
 
最初に、60歳以上の人、海外に住んでいる人、国民年金保険料を払っていない人、国民年金保険料の免除・納付の猶予を受けている人、農業者年金に加入している人はiDeCoを活用できません。
 
また、会社型確定拠出年金を導入している企業に勤めている法人員については、iDeCoとの併用を認める事を会社年金の規約で定めない限り、iDeCoに加入できません。
 
さらに、会社型DCを導入している会社員については、企業員自身が掛金を出す「マッチング拠出」を行っている時もiDeCoに参加できません。
 
会社年金とiDeCoの併用については、勤務先などに問い合わせるなど検証しておくとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です